研究紹介

  1. ホーム>
  2. 研究紹介>
  3. 宇宙活動拡大のための機構マテリアル基盤技術の高度化

宇宙活動拡大のための機構マテリアル基盤技術の高度化支える研究

本研究は、より自在で、より広範囲かつ長期間の宇宙活動を可能とするために、宇宙環境を正確に知り予測するための技術の構築と、それら環境に対応できる材料、機構、構造等の基盤技術およびバッテリや姿勢制御アクチュエータ等の共通利用機器の確立を目指す取り組みです。

研究の意義価値

これからの人工衛星では、超低高度や静止軌道を利用した光学観測、長寿命を活かした二次利用など新たな利用形態が検討されています。また、宇宙の主たる活動領域は地球周回から月へと大きく広がりつつあります。

このような斬新で自在な宇宙ミッションを構想し、開発へとつなげていくためには、活動領域の環境を正確に予測することが重要です。さらに、必須となる基盤技術と共通的に使われる機器については、それら環境への耐性をもち、かつ広い運用条件にも対応できるよう高いレベルに到達しておくことが必要です。

研究の目標

本研究では以下の目標を掲げ、主たる5つの環境に対して10件のサブテーマを設定して取り組みます。

1. 
衛星軌道環境において従来比2倍以上にシステム/運用の制約条件を緩和、または衛星の軌道開拓/二次利用の実現に寄与する技術の構築
2. 
月面環境において従来比10倍以上に活動範囲を拡大、または活動時間を大幅に拡大する技術の構築
サブテーマ
真空・惑星大気
  1. ① 真空中における駆動系の大型化、高速化技術
  2. ② 中性大気防護
温度
  1. ③ 極限温度環境下での健全性確保と長寿命化
放射線・磁場
  1. ④ 宇宙放射線防護
天体表面粉塵
  1. ⑤ 天体表面での活動における耐粉塵環境技術
衛星軌道上環境
  1. ⑥ 汚染防護
  2. ⑦ 宇宙機のライフサイクルにおける環境変化に適応するスマート安定構造
  3. ⑧ バッテリのユーザビリティ向上に関する基盤技術研究
  4. ⑨ 機械式冷凍機の長寿命化と高信頼化
  5. ⑩ 姿勢制御機器・軸受回転系の高信頼性化と寿命予測

このページのトップへ戻る