1. ホーム>
  2. 革新的衛星技術実証プログラム>
  3. 革新的衛星技術実証4号機>
  4. 「革新的衛星技術実証4号機」の実証テーマ公募及び選定について

「革新的衛星技術実証4号機」の実証テーマ公募及び選定について

先にお知らせした革新的衛星技術実証プログラム4号機向け実証テーマの公募と選定について、下記の通りお知らせいたします。
4号機で宇宙実証を希望される皆様は、期限までに応募書類をご提出いただけますようお願いいたします。

›› 説明会の情報を追記しました!

(1)公募及び選定スケジュール

4号機向け実証テーマ集計期日(応募期間)2022年7月29日(金)まで

4号機向け実証テーマの発表
 超小型衛星・キューブサット: 2022年9月中旬(予定)
 部品・コンポーネント・サブシステム: 2022年11月末(予定)

(2)公募にあたっての条件

2024年度打上げ予定の4号機については、原則、以下の条件にて公募いたします。
条件を外れる提案も受け付けますが、今回の選定においては条件を満たす提案が優先されるものとご理解ください。
なお、リソース要求については、資料1「革新的衛星技術実証プログラムに係る実証テーマの募集案内(革新的衛星技術実証4号機)」に示します。

① 機器・コンポーネント・サブシステムの実証

部品・コンポーネント・サブシステムの実証テーマが満たすべきインターフェース条件は、「小型実証衛星4号機の実証テーマ公募における搭載インターフェース条件書」に示します。
なお、搭載インターフェース条件等を説明する「革新的衛星技術実証プログラム 実証テーマ公募説明会(仮称)」を6月末に開催する予定です。詳細は、確定次第、研究開発部門の公開WEBサイトにおいてお知らせいたします。

② 超小型衛星・キューブサットの実証

以下に示す公募を行います。
(詳細は 資料1「革新的衛星技術実証プログラムに係る実証テーマの募集案内(革新的衛星技術実証4号機)」をご覧ください。)

衛星規模 搭載予定数
50kg級衛星 最大3機
キューブサット 最大 合計9U程度

超小型衛星・キューブサットの実証テーマが満たすべきインターフェース条件は、「イプシロンSロケットユーザーズマニュアル」に示します。

なお、既に通年公募で応募を受け付けている実証テーマについては、別途4号機への搭載意思の確認を行います。
4号機への搭載の意思がある場合は、部品・コンポーネント・サブシステムの実証テーマに対しては、①で示したインターフェース条件への適合について4号機向け実証テーマ集計期日までに再度確認いただき、応募資料を改訂いただくものとします。

─ 革新的衛星技術実証プログラム 実証テーマ公募説明会New!

説明会日程 2022年6月30日(木) 15:00~17:00

[ 第一部 ]超小型衛星・キューブサットの実証への応募向け説明
 15:00~15:15 募集案内に関する説明
 15:15~15:55 イプシロンSロケットインタフェース
        (衛星分離結合部インタフェース含む)説明

[ 第二部 ]部品・コンポーネント・サブシステムの実証への応募向け説明
 16:00~16:15 募集案内に関する説明
 16:15~17:00 部品・コンポーネント・サブシステムの搭載インターフェース条件に
         関する説明

※参加URLは事前申し込みされた方に案内させていただきます。
※応募に際し、説明会の参加は必須ではありません。
説明会参加申込

参加申し込みは、こちらのExcelファイル に参加される方の氏名等をご記入の上、
問合せ先に送付ください。
申し込み締め切り:2022年6月28日 17:45 ※参加には、<参考資料>に示す資料2(第一部への参加の場合)、資料3(第二部への参加の場合)に対する「秘密保持契約書」の提出が必要です。

説明会概要 本説明会では、以下に関する説明を行います。
  1. ・募集案内に関する説明
  2. ・「イプシロンSロケットユーザーズマニュアル」に基づいた超小型衛星、キューブサットの
     イプシロンSロケットインタフェース条件に関する説明
  3. ・「小型実証衛星4号機の実証テーマ公募における搭載インターフェース条件書」に
     基づいた部品・コンポーネント・サブシステムの搭載インターフェース条件に関する説明
(3)実証テーマ機器等引渡し時期

JAXAへの各実証テーマの引渡し時期は下記の通りとします。
この引渡し時期を守れる開発計画を、実証テーマ提案書にて示していただけるようお願いします。

① 部品・コンポーネント・サブシステム

エンジニアリングモデル、熱構造ダミー:2023年5月、フライトモデル:2024年1月

② 超小型衛星システム

50kg級衛星及びキューブサット:2024年7月

(4)募集案内

応募条件等の詳細については、資料1「革新的衛星技術実証プログラムに係る実証テーマの募集案内(革新的衛星技術実証4号機)」を確認ください。
応募いただきました実証テーマは、JAXAの事前審査を経て、実証候補リストに登録いたします。(一度候補リストに登録された実証テーマを提案者の許可なく削除することはありません。)

提案をされる方は、応募書類(様式1「応募申請書」様式2「実証テーマ提案書」様式3「実証テーマ概要説明資料」様式4「自己申告書」)をダウンロードして作成いただくようお願いします。

<参考資料>

資料1 革新的衛星技術実証プログラムに係る実証テーマの募集案内(革新的衛星技術実証4号機)
別紙1 秘密保持契約書
別紙2 技術実証契約書案(部品・コンポーネント・サブシステム)
別紙3 技術実証契約書案(超小型衛星システム)
資料2 イプシロンSロケットユーザーズマニュアル
資料3 小型実証衛星4号機の実証テーマ公募における搭載インターフェース条件書

資料の提示には秘密保持契約(資料1 別紙1「秘密保持契約書」)の締結が必要です。
 「秘密保持契約書」締結後、提供までの手続きに1週間程度かかりますのでご留意ください。
 また、資料配布については、配布を希望する資料をご指定のうえ、問合せ窓口まで6月24日までにお申し込み
 をお願いします。

<応募書類>

様式1 応募申請書
様式2 実証テーマ提案書
様式3 実証テーマ概要説明資料
様式4 自己申告書

なお、提案書作成に際し、技術的なご質問や資料作成に関するご相談等のヒアリングを7/7(木)~7/21(木)に実施する予定です。 (相談枠に限りがございますので、先着順の受付とさせて頂きます)
ご希望の方は問合せ窓口までご連絡下さい。

問合せ

一般財団法人 日本宇宙フォーラム(JSF) 「革新的衛星技術実証プログラム 実証テーマ公募担当窓口」担当
電子メール:jaxa_kakushin@jsforum.or.jp

※本業務は 国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)からの委託によって (財)日本宇宙フォーラム(JSF)が支援しています。