研究紹介

  1. ホーム>
  2. 研究紹介>
  3. 宇宙探査技術の研究>
  4. 生命維持・環境抑制制御(ECLSS)

有人宇宙滞在技術(生命維持・環境抑制制御)

日本には、高圧電気分解で有機物まで分解・浄化する独自の水再生技術(NASAの蒸留方式では有機残留物が不具合を誘発)、低温(250℃)サバチエ反応によるCO2還元技術(NASAは600℃)など、環境制御分野で世界唯一の優れた技術を有する企業や大学が数多くあり、それらの技術を糾合することで、世界に比類無い運用自立性(補給ゼロ、消耗品ゼロ、高信頼性)をもった再生型のECLSSシステムを構築します。

目標とする再生型ECLSSのシステム系統図

これまでの研究で水再生技術に目途が立ち、2019年には「きぼう」で実証実験を行う予定です。

水再生装置(「きぼう」実証モデル)
廃棄物処理装置スケールモデル(試作)

このページのトップへ戻る