研究紹介

  1. ホーム>
  2. 研究紹介>
  3. 宇宙太陽光発電システム(SSPS)の研究

宇宙太陽光発電システム(SSPS)の研究

宇宙太陽光発電システム(SSPS: Space Solar Power Systems)とは、宇宙空間において、太陽光エネルギーをマイクロ波またはレーザー光に変換して地球に伝送し、電力として利用するシステムであり、エネルギー、気候変動、環境等の人類が直面する地球規模の課題解決の可能性を秘めています。

このようなシステムを実現するため、マイクロ波やレーザー光による無線エネルギー伝送技術、宇宙空間における大型構造物の構築技術等に関する研究を実施するとともに、長期にわたる研究開発の進め方の検討を含めた総合的なシステム検討を行います。



研究の意義価値


ISS搭載植生ライダー (MOLI)
SSPS (イメージ)

SSPSは、地上の再生可能エネルギーと比較して、地上の約1.4倍の強度の太陽光を利用でき、昼夜、天候の影響を受けにくく、エネルギー源として安定しています。電力を必要とする地域へ無線により柔軟に送電でき、地上送電網への依存度が低く自然災害の影響を受けにくい、化石燃料と異なりエネルギー価格急騰の影響が少ない、という多くの長所があります。
その一方で、SSPSの実現には、高効率で安全な発電・送電・受電、大規模宇宙構造物の構築、軌道上での長期間の運用・維持・補修、宇宙空間への大量輸送等、技術面・安全面・経済面での課題を解決する必要があります。
これらの課題の解決に向けた研究開発を進め、長期的な研究開発の中間段階においてそれらの成果を実現し、早期に社会に貢献することを目指しています。



研究の目標

SSPS総合システム検討

電力需要の把握、長期的な研究開発の中間段階における社会貢献方策も含めたSSPS研究開発の進め方検討、マイクロ波・レーザーの安全性等を含め、システム全体にわたる総合的な検討を行います。

詳しくはこちら



マイクロ波無線エネルギー伝送技術

マイクロ波により宇宙から地上までエネルギーを送るために必須となる、電力→マイクロ波→電力への高効率での変換技術および高精度なマイクロ波ビーム方向制御技術等の研究開発を行います。

詳しくはこちら



レーザー無線エネルギー伝送技術

レーザーにより宇宙から地上までエネルギーを送るために必須となる、電力→レーザー→電力への高効率での変換技術および高精度なレーザービーム方向制御技術等の研究開発を行います。

詳しくはこちら



大型構造物組立技術

km級の大きさの宇宙構造物の構築のコストや安全性の観点から、軌道上で宇宙構造物を無人で組み立てる技術が必須であり、100m級構造物の無人組立技術の確立を当面の目標として研究開発を行います。

詳しくはこちら



宇宙太陽光発電システム(SSPS)について

これまで、様々なSSPSが海外及び日本で検討されてきました。その歴史及びSSPSの利点と課題などについてまとめています。

詳しくはこちら



SSPSに関してよくある質問(FAQ)

SSPSに関してよく寄せられる質問・疑問についてまとめました。

詳しくはこちら



最近の動き

SSPS研究チームの最近の研究活動・実験等についてお知らせします。

詳しくはこちら