研究紹介

  1. ホーム>
  2. 研究紹介>
  3. 宇宙探査技術の研究

宇宙探査技術の研究先導する研究

日本が宇宙探査において持続的に世界の最先端であり、また将来の月・火星への有人探査などの国際協働探査ミッションにおいて主導的な地位を確保するためには、その成功を支える探査技術の基盤強化が必要不可欠です。

本研究では、日本の強みを伸ばし、近い将来の宇宙探査ミッションを先導するための研究開発を行っています。



研究の意義価値

現在、各国の宇宙機関による国際協働で月や火星を探査する計画検討が進められており、日本もその中心メンバーとなって計画検討に参加しています。また、日本独自の月探査計画や火星探査計画の検討も進められています。

計画実現のためのキーとなる最先端の技術を獲得することは、科学技術立国として我が国が人類の活動領域拡大に貢献するだけでなく、国際宇宙探査における我が国の地位や月・火星における資源利用の機会を獲得することにつながります。また、未知の世界に挑戦し、世界初のトップサイエンス成果を持続的に発信することで、優れた研究者の育成にも貢献できます。

他国の状況や国際宇宙探査の動向を踏まえて、国内の他の研究機関や民間企業とも連携しながら、戦略的に研究計画を設定し、実行することで、限りあるリソースを有効に使った効率的な研究が可能となります。



研究の目標

2015年7月に、文部科学省のISS・国際宇宙探査小委員会が、「宇宙探査新時代の幕開けと我が国の挑戦」と題した第2次とりまとめ文書を公表しました。その中で、重力天体着陸技術の獲得と月南極の探査活動を次の重要なステップとするとともに、①重力天体着陸・離陸技術、②重力天体探査技術(エネルギー、走行・作業)、③宇宙滞在技術、④深宇宙補給技術の4分野が今後重点的に取り組む技術課題として識別されました。

一方、JAXA国際宇宙探査推進チームで整理した「日本の宇宙探査全体シナリオ」では、我が国が進めるべき宇宙探査のシナリオを提案するとともに、上記の4分野を中心に技術ロードマップをまとめました。

本研究では、その技術ロードマップをベースに、我が国の強みや特徴を生かしつつ、革新性や将来性なども踏まえて優先度をつけ、重点的に取り組むテーマとして以下の研究を進めています。



重力天体着陸技術

月の南極にも着陸可能な画像航法、障害物回避などの航法誘導技術の開発。

月南極探査ミッションの概念図
月南極探査ミッションの概念図


重力天体探査技術(エネルギー、走行・作業)

月の南極探査に不可欠な広温度範囲対応の高密度リチウムイオン電池や、斜面走行に適したクローラ型走行機構の研究など。

有人滞在技術(生命維持・環境制御技術、放射線防護技術)

水補給が不要な空気・水再生技術の開発や深宇宙での過酷な放射線環境から宇宙飛行士を防護する技術。

深宇宙ランデブ技術

日本の得意な光センサ技術を応用した高感度3次元ライダーなどからなる深宇宙航法センサパッケージの開発や安全でロバスト性の高い相対航法システムの開発。