研究紹介

  1. ホーム>
  2. 研究紹介>
  3. 宇宙システムの概念検討およびシステム技術の研究

宇宙システムの概念検討およびシステム技術の研究支える研究

ロケットや人工衛星は、たくさんの部品の組み立てだけでなく、地上設備なども含め様々な要素を複雑に組み合わせることで、宇宙システムとして求められる機能を発揮します。本研究では、このような要素の適切な構成を検討し、全体としてより優れた仕組みとなる宇宙システムを作り出すことを目指しています。

また、内外の各組織と連携し、システムレベルの概念検討を行うことにより、我が国の知恵・技術を統合して国際競争力のある技術開発、社会課題解決、また、将来の産業育成につながるプロジェクト提案を行ってゆきます。



研究の意義価値

宇宙開発を取り巻く環境が急速に変化する中で、性能やコスト、利便性など、様々な観点で総合的に評価される宇宙システムの価値は見極めが難しくなっています。このため、適切なシステム検討がされないと、優れた要素技術を持っていても十分に活用できなかったり、要求を満たせなかったりします。

本研究では、宇宙システムの概念検討とそれを支えるシステムズエンジニアリング技術、宇宙システム技術の研究開発を通じて、インパクトの大きいアウトカムを生み出す将来の宇宙開発ミッション、宇宙利用につながる新規の方式、実現手段の提案をすることで、魅力的で競争力のある宇宙システムの構築を行います。



研究の目標

JAXAが事業として提案するシステムの概念検討

JAXAが構想する将来の宇宙計画について、アイデアを具現化し、実現可能かつ国際競争力のあるシステム構成と計画を立案します。現在、内閣府の宇宙基本計画上の次のシステムの概念検討を進めています。

  • 次期技術試験衛星
  • 先進レーダ衛星(だいち2号後継機)
  • 革新的衛星技術実証プログラム


地球観測衛星などの宇宙利用ミッション


システムエンジニアリング技術の研究開発

概念検討をより着実に、かつ効率よく進めると同時に、魅力的なシステムを提案するためのシステム開発手法、設計解析ツール、デザイン環境の研究開発を行います。


宇宙システム技術の研究開発

宇宙機・地上系の構成、ならびにインテグレーション・試験など、専門技術領域を超える宇宙システムのアーキテクチャの刷新に関わる構想検討や複数の専門技術を連携させた研究開発を行います。