研究紹介

  1. ホーム>
  2. 研究紹介>
  3. SOI-SOC MPU開発

SOI-SOC MPU開発

情報通信技術の進展は、ネットワークでの「モノ」と「モノ」との自律的情報のやりとりを可能にし、世界はいっそう繋がりつつあります。今後このネットワークは宇宙にまで広がると考えられています。ネットワークの中心で情報の制御を担う半導体部品がMPU(Micro Processing Unit)で、次世代の宇宙機には、これまで以上に高機能・高性能な宇宙用のMPUが求められています。また、宇宙用のMPUは、民生用と異なり、宇宙の厳しい放射線環境に耐えねばなりません。

本開発では、耐放射線性に優れるSOI(Silicon on Insulator)半導体製造技術と、複数の機能を1つのチップに搭載するSOC(System on Chip)設計技術を核にして、多様化・高度化する宇宙ミッションに貢献する高機能・高性能なMPUを開発します。



開発の意義価値

革新的宇宙ミッションの実現に貢献します。

長寿命・大型/小型・惑星探査・フォーメーションフライトなど、宇宙ミッションは多様化・高度化が進んでおり、宇宙用のMPUには、必要な機能・性能をスケーラブルに選択できる拡張性や、低消費電力性、現状より10倍以上の高い処理能力などが必要となります。このような要求を満たす世界トップレベルのMPUを開発することで、将来の全ての宇宙機の革新的ミッションの実現に貢献します。

日本の宇宙産業の競争力を高めます。

日本の宇宙機の自立性・自在性の観点から、世界トップレベルのMPUを国産化して低コストで安定供給する必要があります。これは宇宙コミュニティに閉じていては実現が困難であるため、世界の宇宙開発の動向と宇宙ユーザの要求を見極め、さらに民生分野への展開も視野に入れて、最先端の民生技術を利用して開発します。これにより、日本の宇宙産業の競争力を高めるだけでなく、その成果が社会に広く利用されることを目指します。



開発の目標

高機能・高性能・低消費電力性能のMPUを開発します。

民生の先端SOI技術とSOC技術を利用して、これまでの宇宙用MPU開発で培ったJAXAの耐放射線性強化技術を活かすことで、耐放射線性と性能をバランスさせた小型・低消費電力の純国産MPUを開発します。
また、将来の世界的標準となるスペースワイヤを含む多彩な入出力機能の実装により、ネットワーク機能を向上させ、拡張性の高いMPUを開発します。

高機能・高性能なMPU開発
高機能・高性能なMPU開発


MPUの低コスト化や品質・供給の安定化を実現させます。

地上に降り注ぐ宇宙中性子による民生品のソフトエラーも問題になっており、開発する耐放射線技術を民生の高信頼性部品分野へ展開します。
民生技術を利用して、民生品と並行した開発を進めることで、低コスト化や品質・供給の安定化の実現を目指します。

低コスト化や品質・供給の安定化
低コスト化や品質・供給の安定化