データベース

角度検出器(TS2511)

特長

角度検出器
  • 高い角度検出精度(±5秒角)
  • 軽量・低消費電力
  • 耐機械環境に優れたレゾルバ方式
  • 巻線、信号変換回路の冗長構成

主な用途

  • 高精度角度検出用
  • 観測センサー

主要諸元

項目 開発品仕様 海外製品 備考
検出方式 レゾルバ(電磁誘導)式 エンコーダ(光学)式 高分解能・小型、耐環境性向上
角度検出精度 ±5 arc sec 同左
分解能 21bit 18bit
質量 2.0kg以下(1.82kg) 2.2kg以下
消費電力 2.6W以下(1.2W) 5W以下
入出力 ディファレンシャル形式
(EIA RS422準拠)
同左 エンコーダ式との互換性を確保

*仕様欄()内の数値は開発品実績値

その他技術情報

外形寸法図 別紙1(PDF形式 45KB)
耐環境条件 別紙2(PDF形式 12KB)
搭載宇宙機(例)及び打上げ日付 打ち上げ後 追記
JAXA開発担当部署 研究開発部門 第二研究ユニット
登録番号 GDM001
登録日 2007/5/24 (2011/7/13)
特許番号(公開番号) N/A
参考文献 JAXA-RM-06-009
備考
  1. 信号処理回路の電子部品の特性により、特定角度で反転を行った場合に不連続信号を出力する。対策として分解能を2bit落とすか信号処理(不連続信号のカット)を推奨する。
  2. 絶対精度を要求する場合は、温度変化によるドリフト量を計測し補正する必要がある。

製造業者

多摩川精機株式会社
長野県飯田市
http://www.tamagawa-seiki.co.jp/jpn/