データベース

  1. ホーム>
  2. データベース>
  3. コンポーネントカタログ>
  4. 国産新型ホイール タイプL-A

国産新型ホイール タイプL-A

特長

国産新型ホイール タイプL-A
  • 中大型衛星(質量500㎏~数千kg)に適した大型リアクションホイール(蓄積角運動量:10~80Nms)。
  • 先行開発したタイプL/M設計を継承し、高信頼性を確保しつつ、機械環境耐性および出力トルクの向上を実現。

主な用途

  • 3軸姿勢制御を必要とする人工衛星・宇宙機の姿勢制御アクチュエータ
  • 中大型衛星(質量500kg~数千kg)に適したサイズ

主要諸元

項目 仕様値 備考
最大角運動量 10~80Nms 9種の型式によって異なる
最大トルク -6000rpm ~ +6000rpm:0.2Nm以上 または
-3500rpm ~ +3500rpm:0.3Nm以上 または
-2000rpm ~ +2000rpm:0.4Nm以上
9種の型式によって異なる
回転数
制御範囲
-6000rpm ~ +6000rpm または
-3500rpm ~ +3500rpm または
-2000rpm ~ +2000rpm
9種の型式によって異なる
ランアップ時間 25秒~400秒
  1. 最大出力トルクにて、起動から各型式の最大回転数に達するまでの時間
  2. 9種の型式によって異なる
コーストダウン
時間
238秒~1967秒
  1. モータ電流0Aにて、各型式の最大回転数から100rpmまで減速するのに要する時間
  2. 9種の型式によって異なる
消費
電力
加速時 230W以下 各型式の最大回転数かつ最大出力トルクで回転時
定常
回転時
18W~35W
  1. 各型式の最大回転数かつ出力トルク0Nmで回転時
  2. 9種の型式によって異なる
擾乱力/トルク 【力】
 2×10-2N以下 [0.1<10Hz]
 2×10-4×f2N以下 [10~100Hz]
 2N以下 [100<200Hz]
【トルク】
 4×10-3Nm以下 [0.1<10Hz]
 4×10-5×f2Nm以下 [10~100Hz]
 4×10-1Nm以下 [100<200Hz]
fは周波数
電源電圧範囲 30.0~52.0Vdc
機械環境 【正弦波】
 196.1m/s2(20G)
【ランダム】
 159.4 m/s2(面内)、195.9 m/s2(面外)
温度範囲 【動作時】-5 ~ +60℃
【ターンオン時】-15 ~ +60℃
【非動作時】-30 ~ +70℃
寿命 地上
保管時
5年以上
軌道上 10年以上

その他技術情報

外形寸法図 別紙1(PDF形式 328KB)
耐環境条件 別紙2(PDF形式 63KB)
搭載宇宙機(例)及び打上げ日付 ASTRO-Hに搭載、FY26打ち上げ予定。
JAXA開発担当部署 研究開発部門 第一研究ユニット
登録番号 GHA004
登録日 2015/2/2
特許番号(公開番号) N/A
参考文献 N/A
備考 N/A

製造業者

三菱プレシジョン株式会社
神奈川県鎌倉市
http://www.mpcnet.co.jp/index.html