広報・イベント

  1. ホーム>
  2. 広報・イベント>
  3. メディアによる紹介(2015年度)

メディアによる紹介(2015年度)

2016年3月

日付 内容
26日 「宇宙ベアリング」に関する記事が掲載されました。第一研究ユニット 神澤 拓也と、第二研究ユニット 間庭 和聡が取材に協力しました。
  • 【媒体名】雑誌 「Genroq」
  • 【記事名】昭和元禄Universe 「宇宙ベアリング」
24日 WEBサイト「キャリアコンパス」にセンサ研究グループ 室岡 純平のインタビュー記事が掲載されました。

2016年2月

日付 内容
17日 JSTサイエンスニュースに第一研究ユニットの井上 浩一と第二研究ユニットの河本 聡美が出演しました。

2016年1月

日付 内容
- 2016年1月に刊行した広報誌「JAXA's」(ジャクサス)の“研究開発の現場から”コーナーで「次世代宇宙科学衛星のための宇宙用クローズドサイクル希釈冷凍機」と題して、第二研究ユニットの研究が紹介されました。

2015年11月

日付 内容
21日 11月20日(金)に岡山県美作市立東粟倉小学校で、当部門SSPS研究チーム 研究員 上土井 大助がSSPSに関する授業を行った様子が紹介されました。
  • 【媒体名】山陽新聞
  • 【記事名】宇宙の太陽光発電知る。JAXAが出前授業

2015年10月

日付 内容
- 革新的衛星技術実証グループが公募を開始した、宇宙基本計画の「宇宙システムの基幹的部品等の安定供給に向けた環境整備」の一環として、新たに超小型衛星を活用した基幹的部品や 新規要素技術の軌道上実証を適時かつ安価に実施するためのプログラムが紹介されました。詳しくは以下のページをご覧ください。
  • 【媒体名】日経産業新聞/10月27日
    超小型衛星・衛星部品、宇宙で性能実証、無償支援、JAXA、イプシロンで打ち上げ
  • 【媒体名】日刊工業新聞/10月15日
    JAXAが衛星の価格競争力向上で 技術テーマ公募
  • 【媒体名】マイナビ/10月9日
    JAXA、革新的衛星技術の募集を開始 - 軌道実証の機会提供により宇宙産業の活性化狙う
- 明光義塾発行のフリーマガジンTOMORROWにて第四研究ユニット 研究員 長福 紳太郎が紹介されました。
  • 【媒体名】TOMORROW
  • 【記事名】職業「なり方&お仕事ガイド」
1日 2015年10月に刊行した広報誌「JAXA's」(ジャクサス)のP.18、“研究開発の現場から”コーナーで『低毒性高性能推進薬スラスタ「プリキュアPulCheR」まるでへっぴり虫?低毒・低圧の推進システム』と題して、 第二研究ユニットの研究が紹介されました。

2015年9月

日付 内容
20日 アストロスケール社が打上を予定しているデブリ観測衛星に当機構が協力することについて紹介されています。当部門 第一研究ユニットが取材に協力しました。
  • 【媒体名】朝日新聞
  • 【記事名】ベンチャーとJAXA、微小宇宙ゴミ実態調査
20日 当機構が検討している、人工衛星のエンジンを電気推進に置き換えた「オール電化衛星」が紹介されました。
  • 【媒体名】時事通信社
  • 【記事名】衛星も「オール電化」へ=新エンジンで競争力-6年後打ち上げ目指す・JAXA

2015年8月

日付 内容
24日 「ホンモノ研究者に聞いてみた!!」と題し、中高生を対象として生放送を実施しました。当部門の研究者 水谷 忠均、藤井 剛の2名が出演し、研究という仕事について語ったほか、質問に回答しました。
  • 【媒体名】JAXA-TV
  • 【記事名】ファン!ファン!JAXA!生放送「ホンモノ研究者に聞いてみた!!」

2015年7月

日付 内容
27日 宇宙太陽光発電システム全般について紹介されています。当部門 SSPS研究チームが取材に協力しました。
  • 【媒体名】日経ビジネス 7月27日号
  • 【記事名】宇宙太陽光発電、無尽蔵のエネルギーを地上に
17日 当部門 革新的衛星技術実証グループに関わる記事が掲載されました。
  • 【媒体名】日本経済新聞 夕刊
  • 【記事名】JAXA、競争力ある衛星、産学官で開発へ
16日 当部門 第一研究ユニットが開発した微小デブリセンサ(SDM)が紹介されました。
  • 【媒体名】日刊工業新聞
  • 【記事名】微小な宇宙ゴミ検出 JAXAがセンサー開発
10日 つくば市のコミュニティFM局「ラヂオつくば」の生放送番組 『Wh@t?Tsukuba!(ワットつくば)』に第二研究ユニットの畠中 龍太が出演しました。

左は、ラヂオつくばのパーソナリティー 江田 麻裕子さん。
畠中が手にしているのはMLIの実物。
1日 2015年7月に刊行した広報誌「JAXA's」(ジャクサス)のP.17、“研究開発の現場から”コーナーで『望遠鏡を丸ごと-265℃以下に冷やします』と題して、第二研究ユニットの研究が紹介されました。
1日 標記記事で、大橋 一夫 SSPS研究チーム長が取材を受けました。

2015年6月

日付 内容
22日 読売新聞 夕刊のラジオ番組紹介コーナー「ラジオBANG!」で、“JAXA研究員が宇宙を熱く語る”と題して、ラジオ日本で放送中の「ディープな宇宙をつまみぐい」が紹介されました。
19日 今井 良一 部門長が、筑波宇宙センター所長として紹介されました。
  • 【媒体名】常陽ウィークリー 6月19日号
  • 【記事名】研究所クローズアップ「ロケット・人工衛星の開発 宇宙飛行士の訓練」
15日 スペースデブリ関係全般について紹介されています。第二研究ユニットの河本 聡美と柳沢 俊史が取材を受けました。
  • 【媒体名】日経ビジネス 6月15日号
  • 【記事名】宇宙のゴミを撃ち落せ
14日 宇宙開発における若手女性エンジニアにスポットを当てた企画で、第一研究ユニットの春木 美鈴と宇宙科学研究所 はやぶさ2プロジェクトチームの尾川 順子が紹介されました。
  • 【媒体名】テレビ朝日「夏目と右腕」
- 最新の研究成果を紹介するコーナー“FOCUS”で、3月8日に行われた宇宙太陽光発電システムに関わるマイクロ波を用いた無線電力送電試験が取り上げられました。
  • 【媒体名】ニュートン 6月号
  • 【記事名】電力を無線で送る試験に成功

2015年5月

日付 内容
18日 3月8日に行われた宇宙太陽光発電システムに関わるマイクロ波を用いた無線電力送電試験が取り上げられました。
  • 【媒体名】The Daily Telegraph
  • 【記事名】Japan aims to harness space solar energy
    Orbiting craft will gather energy of the sun and utilise microwaves to transfer power to Earth

2015年4月~9月

日付 内容
- ラジオ日本の「ディープな宇宙をつまみぐい」で、当部門の職員が研究内容や将来の夢について熱いトークを繰り広げました。(2015年9月25日をもって放送を終了いたしました。)
  • 【媒体名】ラジオ日本

このページのトップへ戻る