広報・イベント

  1. ホーム>
  2. 広報・イベント>
  3. ラジオ番組/ディープな宇宙をつまみぐい>
  4. ディープな宇宙をつまみぐい フル・チャージ!

2015年に放送され、好評を博したあのラジオ日本「ディープな宇宙をつまみぐい」が帰ってきました!
4年の充電期間を経て、満充電でお届けするプログラム「ディープな宇宙をつまみぐい フル・チャージ!」
宇宙利用が拓く未来を目指して、地道な研究に取り組む研究者が、5週連続で宇宙にまつわる技術的なお話をディープに語りつくします。

ご聴取ありがとうございました!

ご聴取ありがとうございました!引き続き Podcastで配信中 ですので、ぜひご聴取ください!

番組サイトはこちら
  • 番組名  「ディープな宇宙をつまみぐい フル・チャージ!」
  • 放送日時 2019年9月22日~10月20日
         毎週日曜 25:00~25:30
  • 放送局  ラジオ日本
  • 協 力  宇宙航空研究開発機構

JAXAラジオスペシャル「トリオ・ド・モルゲンの宇宙ドゥードゥルドゥー」に出張ディープしました!

2019年9月22日(第1回放送)

今回のディープ ワイヤレス電力伝送技術
ゲスト
(所属)
嶋田 修平
(研究開発部門 第一研究ユニット)
パーソナリティ
(所属)
藤平 耕一
(新事業促進部 事業開発グループ)

2019年春にJAXA初のクラウドファンデイングによるご支援をいただいた「ワイヤレス電力伝送技術」。
地上でも家電製品や自動車用などに研究開発が進んでいるワイヤレス技術を宇宙で使うには?担当研究者がディープに語りつくします。
ワイヤレス化の研究 #JAXASupportCrewPROJECT

2019年9月29日(第2回放送)

今回のディープ 再使用ロケット技術
ゲスト
(所属)
伊藤 隆
(研究開発部門 第四研究ユニット)
パーソナリティ
(所属)
畠中 龍太
(研究開発部門 第二研究ユニット)

JAXAで行っている将来の再使用型ロケットに向けた研究開発をご紹介。今取り組んでいる研究、そして再使用型ロケットが拓く未来について担当研究者がディープに語りつくします。
基幹ロケットの再使用化による打ち上げコストの低減 - 1段再使用に向けた飛行実証(フェーズ1)-

2019年10月6日(第3回放送)

今回のディープ JAXAの研究戦略
宇宙
あっちとこっち
HYFLEX」と「ALFLEX
ゲスト
(所属)
張替 正敏
(研究開発部門 研究戦略部長 兼 研究推進
 部長)
パーソナリティ
(所属)
藤平 耕一
(新事業促進部 事業開発グループ)

JAXA研究開発部門の研究計画をつかさどる研究戦略部長が、研究者としての経歴と、JAXAの今後の研究開発について語ります。

2019年10月13日(第4回放送)

今回のディープ JAXAのリサーチマネジメント
宇宙
あっちとこっち
「ランダム振動試験」と「音響試験」
ゲスト
(所属)
佐野 久
(研究開発部門長)
パーソナリティ
(所属)
畠中 龍太
(研究開発部門 第二研究ユニット)

いよいよJAXA研究開発部門長が登場。
研究者としての経歴と、JAXAのリサーチマネジメントについて語ります。

2019年10月20日(第5回放送)

今回のディープ コンタミネーション計測技術
ゲスト
(所属)
宮崎 英治
(研究開発部門 第一研究ユニット)
茎田 啓之
(日本電波工業株式会社 千歳テクニカル
 センター)
パーソナリティ
(所属)
藤平 耕一
(新事業促進部 事業開発グループ)

最終回は「コンタミネーション計測技術」。宇宙空間においてはプラスチックや接着剤等の材料から放出されるアウトガスによるコンタミネーション(汚染)が問題となります。このコンタミネーション対策のために開発した「計測技術」をご紹介。
今回は一緒に開発を進めている日本電波工業株式会社の方も登場し、これまでの研究成果と今後の展望についてディープに語りつくします。
宇宙機の汚染(コンタミネーション)の制御適正化研究 国産高精度ガス計測センサの開発 高精度ガス計測センサ(Twin-QCMセンサ)の海外販売について