Pick Up

  1. ホーム>
  2. Pick Up(2017年度)

Pick Up(2017年度)

デブリ除去実証システムの共同研究および委託研究公募のお知らせ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙活動の安全確保をテーマとして宇宙ゴミ(デブリ)対策技術の研究開発を進めています。デブリ対策技術の一つであるデブリ除去技術について共同研究および委託研究の公募(Research Announcement: RA)を行います。詳細は下記ページの募集要項をご覧ください。

(2017年9月13日)

詳しくはこちら

「アストロスケールとJAXAのスペースデブリ除去技術に関する共同研究について」プレスリリースいたしました!

アストロスケール社とJAXA研究開発部門は、スペースデブリ(宇宙ごみ)除去に向けて共同研究契約を締結しました。

(2017年9月12日)

詳しくはこちら

日本JAXA学会 第1回 学術講演大会(2017年9月30日)を開催します!

JAXA初の試み!本格的な学会を特別公開イベントとして開催します。
研究者なら一度は参加したことのある「学会」。
研究者たちの本気と本気がぶつかり合い、新たな科学技術が生まれるまさに「最先端」の場です。
そんな「学会」にあなたも参加してみませんか?

(2017年8月29日)

詳しくはこちら

角田宇宙センター 菊池主任研究開発員が高圧ガス保安協会東北支部協賛会から表彰されました!

高圧ガス保安協会東北支部協賛会から、角田宇宙センター在勤の菊池正孝主任研究開発員が、角田宇宙センターにおける高圧ガスの運営・保安、高圧ガス技術者の育成等、長年の貢献が認められ「優良製造保安責任者」に表彰されました。

(2017年7月19日)

「超小型三軸姿勢制御の研究」紹介を掲載しました!

研究紹介の中に「超小型三軸姿勢制御の研究」を追加しました。

(2017年7月6日)

詳しくはこちら

「ジオスペース探査衛星搭載 XEP」の開発がJAXA広報誌「JAXA's」で紹介されました!

「ジオスペース探査衛星「あらせ」搭載 XEP<超高エネルギー電子分析器>」の開発が、JAXA広報誌「JAXA's」69号で紹介されました。

ぜひご覧ください。

(2017年7月5日)

JAXA広報誌「JAXA's」

「革新的衛星技術実証1号機のテーマ公募」追加選定結果について

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙基本計画上の「宇宙システムの基幹的部品等の安定供給に向けた環境整備」の一環として、超小型衛星を活用した基幹的部品や新規要素技術の軌道上実証を適時かつ安価に実施することを目的に「革新的衛星技術実証プログラム」を進めています。

JAXAでは、これまでに「革新的衛星技術実証1号機」に搭載する実証テーマ候補を選定しておりましたが、このたび実証テーマ候補1件を追加選定しましたのでお知らせいたします。

詳しくは下記ページをご覧ください。

(2017年7月4日)

詳しくはこちら

JAXA研究開発部門 平成29年度リサーチアシスタント(任期制)募集

JAXAにおける学術研究・研究開発の効果的に推進を図るとともに、優秀で意欲のある若手研究者の育成を目的として、研究補助業務に従事頂くリサーチアシスタントを募集します。詳細は下記ページの募集要項をご覧ください。

(2017年5月9日)

詳しくはこちら

筑波宇宙センター展示館「スペースドーム」で研究開発部門の紹介コーナーを新設しました!

筑波宇宙センター展示館「スペースドーム」に、研究開発部門の研究を紹介する「基盤的研究開発」コーナーを新設しました。

JAXAで開発した機器・部品等の展示のほか、触って体験いただける展示品もございます。

見て触って、JAXAの研究を感じていただければと思います。どうぞ足をお運びください!

(2017年4月11日)

筑波宇宙センター 施設見学

「ツイン方式QCMセンサ」の開発がJAXA 広報誌「JAXA's」で紹介されました!

qcm国産高精度ガス計測センサ「ツイン方式QCMセンサ」の開発が、JAXA広報誌「JAXA's」で紹介されました。

ぜひご覧ください。

(2017年4月3日)

JAXA広報誌「JAXA's」