研究開発部門とは

  1. ホーム>
  2. 研究開発部門とは>
  3. 組織図>
  4. 革新的衛星技術実証グループ

革新的衛星技術実証グループ

革新的衛星技術実証グループでは、小型・超小型の人工衛星を活用した基幹的部品や新規要素技術の軌道上実証を適時かつ安価に実施する環境の整備を進めています。

革新的衛星技術実証環境の整備

宇宙システムの基幹的部品等の安定供給は、国内の宇宙利用を進めるプロジェクトを支える産業や科学技術の基盤として重要な課題です。国内の宇宙関連事業者などの宇宙利用に対する 宇宙機の開発・整備・打ち上げ・運用に係る費用を大幅に引き下げるための活動を支援するべく、低価格・高性能な宇宙用機器や部品の開発・評価等に小型・超小型の人工衛星を活用した 基幹的部品や新規要素技術の軌道上実証を適時かつ安価に実施する環境の整備をすることが求められています。この仕組みが革新的衛星技術実証プログラムです。

革新的衛星技術実証プログラムの概要

① オールジャパンの調整機構の構築・運営
  • JAXAのみならず大学や民間事業者等のアイデア、関係府省庁のニーズも踏まえて実施計画を制定する様、これら関係者をメンバーに含むオールジャパンの調整機構(調整委員会;仮称)を構築し運営する。
② 実証テーマの公募・選定等
  • 調整委員会(仮称)は、実証テーマの公募・選定方針等を決定し、応募された提案の中から、意義や実現性等を審議して選定を行う。
  • 調整委員会(仮称)は、選定したテーマの進捗状況確認を行う。
③ 小型実証衛星の整備(当グループの業務)
  • 提案された部品・コンポーネントの実証のため、JAXAは小型実証衛星の整備(開発もしくは調達)を行う。なお、実証機器等の規模、搭載機会の構成等により、必要な衛星規模を選択する。
④ 超小型衛星の開発
  • 民間事業者や大学等が提案・実施する超小型衛星システムとしての実証等において、JAXAは、提案内容・状況に応じて、共同研究体制の構築など必要な支援を行う。
⑤ イプシロンロケットの相乗り対応改修と打上げ
  • JAXAは、小型実証衛星、超小型衛星等の相乗り搭載を可能とするため、イプシロンロケットの相乗り対応改修を行う。
  • JAXAは、イプシロンロケットの打ち上げを行う。